ハウスクリーニングは立会いが必要なのか

ハウスクリーニングでは立会いが必要なのか?

ハウスクリーニングは家の中や外を「家の住人ではい他人」が入って掃除をする行為なので、基本的に立ち会いが必須となっています。

 

 

ハウスクリーニング専門業者の場合

 

依頼をしたハウスクリーニング業者が専門型と言われるタイプの場合は、作業中の立会いが必要です。
業者が行う作業を見続けないといけないというわけではありませんが、作業を行う家の住人がいないと作業ができません。

 

 

なぜ立会いが必要なのか

 

引越し業者が立ち会いがない状態で作業を行わない理由と同じで、家の中に入って作業をするという内容であることからトラブルを避けるために必要とされています。
ハウスクリーニングを行う業者スタッフも人であることから、盗難や作業中の建物破損、家具などの破損といったトラブルが起きることがあります。

 

 

しかし、家の破損や家具の破損、盗難といったトラブルは本当にそのトラブルが起きたかどうかをめぐり業者側と利用者側で泥沼のトラブルに発展することがあります。
そうなることを防ぐために、ハウスクリーニング業者は作業前に建物のどこにキズ等があるか、盗難が心配されるようなものはないか、プライバシーの配慮を要するものが作業をする場所にないかなどを、その家に住んでいる人に確認して貰う必要があるのです。

 

 

また、作業中に破損や盗難が起きていないか、作業の進展具合の確認、作業の完了確認などもして貰う必要があるので、ハウスクリーニングをする家に住んでいる誰かが立ち会いをしないと、作業は行われません。
もちろん立会いが出来るのは基本的に成人している人、あるいは成人に近い年齢の人に限られるので、子どもを置いて外出している間に作業をしてもらうといったこともできません。
専門型のハウスクリーニング業者を利用するときは、作業日に立会いが出来るように予定を調整しておきましょう。

 

 

家事代行業者の場合

 

家事代行サービスを利用する場合は、契約内容によっては立会いが不要になることもあります。
これは家事代行サービスによるハウスクリーニングの特徴で、外出している間に掃除などの家事をしてもらうことが出来るので立会いを気にすることはありません。
ただし、契約内容や家のカギをどうするか、プライバシーに関わるものの扱いや高級品や現金などの有無といったことが前提条件になることもあるので、、事前に業者側との内容確認が必要になります。

 

 

業者側と調整ができれば無人状態でもハウスクリーニングが利用でき、作業予定日、予定時間になれば業者スタッフが契約通りの掃除をしていきます。
立会いの有無はハウスクリーニングを利用する上で必ず考えるべきことなので、利用する業者のタイプとクリーニングを行う日の自分の予定などは必ず把握しておいてください。
どうしても作業当日に用事ができて立会いが出来ない時は、早めに業者に連絡をして作業日をずらしてもらいましょう。

≪簡単!約90秒で1万円以上安くなる方法≫

 

ハウスクリーニング一括見積もり ズバットハウスクリーニング比較の無料見積もりでハウスクリーニングが格安に!

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

全国100社以上の優良業者が参加います。
その中から一番安くて、質の良い業者を見つける事ができます。
また、自分の家の状況を一括見積もり時に入力するだけで自分に合った業者を見つけてくれます。

 

【ズバットハウスクリーニング比較が選ばれる理由】

 

  • 全国100社以上の優良業者が参加!
  • 簡単!約90秒の入力!
  • 11万人以上の利用実績があり!(2012年9月現在)
  • 約90秒の入力で一括見積もり完了!

 

≫厳選100社が参加!簡単一括見積もりはココをクリック≪

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

こんな部分のハウスクリーニングも人気があります

 

洗面台のハウスクリーニング お風呂のハウスクリーニング 窓のハウスクリーニング

台所のハウスクリーニング 換気扇のハウスクリーニング フローリングのハウスクリーニング

 

TOPページ ハウスクリーニングの質問集 お役立ち情報 お問い合わせ