ハウスクリーニングの見積もりについて

ハウスクリーニングの見積もりについて

ハウスクリーにニングの利用は、見積りから始まります。
見積りはハウスクリーニングの料金を決める大事な作業なので、業者側にとっては必ず行わないといけない作業です。

 

 

見積りをしてもらうには?

 

見積りをしてもらうときは、ハウスクリリーニング業者に電話をすればあとは業者側で日取りなどを決めてくれます。
もちろん見積りをする日取りは利用者の希望が優先されるので、希望する日時があれば業者はそれに従います。
ただし、年末や引っ越しが多くなる2月から4月、季節の変わり目などはハウスクリーニング業者側も多忙になることが多いので、利用者の希望に添えないこともあります。
この場合は業者都の相談の上、見積もりをする日取りを決めます。

 

 

見積りではどんなことをするのか

 

ハウスクリーニングの見積りは引っ越しなどで行われるものとほとんど変わりません。
どこをクリーニングするのか、汚れの状態はどうなのか、特殊な作業が必要なのかなどを業者から来た担当者が見ていきます。
この時にクリーニングをする場所をきれいにするのにどのような作業が必要なのかなども説明されます。
利用者側の希望も同時に聞き取り、どこまで作業を行うかを判断して利用料金を見積書として提示します。

 

 

見積りはクリーニングを行う場所や汚れなどで変動しますが、一度出た見積額をみてそれをそのまま受け入れずに交渉をするという手段もあります。
交渉をするには材料が必要ですが、上手くいけば割引を引く出せることもあるようです。

 

 

見積書はそのまま利用料金になる

 

業者は見積りが終わると、「見積書」という書類を出してきます。
見積書には利用料金が書かれていて、基本的に見積書に書いてある金額が利用料金になります。
ほとんどの場合見積書に書かれた金額とは別に料金が必要になることはありません。

 

 

見積りがおわったら

 

見積りが終わって見積書に書かれた金額に納得できれば、その場で契約することもできます。
少し考えたいときは返答を待ってもらうこともできますが、あまり時間を置いてしまうと再び見積りが必要になることもあります。
考える時間が欲しいときは、どのくらいまで返事を待ってもらえるかを確認しておくと良いでしょう。
一旦考えてから返事をするときは、見積書を無くさないようにしてください。

 

 

見積書をなくしてしまったときは、再見積もりが必要になることもあり二度手間になってしまいます。
契約をした場合は、クリーニングを行う日取りと時間をその場で決めるか、後日都合がいい日を業者側に伝えます。
ただし、業者にも都合があるので希望日にクリーニングを行えないことがあります。
その場合は業者と相談してクリーニングを行う日取りを決めます。
作業を行う日が決まれば、あとはハウスクリーニングが行われる日を待つだけです。

≪簡単!約90秒で1万円以上安くなる方法≫

 

ハウスクリーニング一括見積もり ズバットハウスクリーニング比較の無料見積もりでハウスクリーニングが格安に!

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

全国100社以上の優良業者が参加います。
その中から一番安くて、質の良い業者を見つける事ができます。
また、自分の家の状況を一括見積もり時に入力するだけで自分に合った業者を見つけてくれます。

 

【ズバットハウスクリーニング比較が選ばれる理由】

 

  • 全国100社以上の優良業者が参加!
  • 簡単!約90秒の入力!
  • 11万人以上の利用実績があり!(2012年9月現在)
  • 約90秒の入力で一括見積もり完了!

 

≫厳選100社が参加!簡単一括見積もりはココをクリック≪

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

こんな部分のハウスクリーニングも人気があります

 

洗面台のハウスクリーニング お風呂のハウスクリーニング 窓のハウスクリーニング

台所のハウスクリーニング 換気扇のハウスクリーニング フローリングのハウスクリーニング

 

TOPページ ハウスクリーニングの質問集 お役立ち情報 お問い合わせ