壁の汚れをハウスクリーニングできれいにしよう

壁の汚れをハウスクリーニングをする

普段のお掃除であまり掃除が行き届いていない所は必ずありますが、そのほとんどは家具の後ろであったり狭い隙間だったりと、掃除をするには少々面倒な場所であることがほとんどです。
しかし、なかには見えているのに掃除がなかなかできない場所もあります。
それは、家の中に入れば必ず目に入る所である「壁」です。

 

 

壁は家のなかの掃除が必要な部分でもっとも面積が広い部分で、床よりも面積が広いので掃除をしようと思うとかなりの労力と時間が必要です。
壁は広さだけではなく高さもあるので、壁全体をきれいにしようと思うのならかなり大変な思いをすることになります。

 

 

壁は文字通りお掃除の「壁」!?

 

家の壁は通常「クロス」と言われる壁紙が貼り付けられています。
壁紙はほとんどの場合ある程度の耐水性を持っているので、ぞうきんで水拭きする程度であれば特に問題はありません。
しかし壁紙はでんぷんのりで貼り付けられていることが多いので、壁紙に傷や穴があるとそこから水分が壁紙に染み入ってしまい剥がれることがあります。

 

 

基本的に壁紙をはりつけるときに使うでんぷんのりはクエン酸を加えて防腐処理をしていますが、食べても問題がない程度なので壁紙に穴や傷がある場合、雑菌だらけのぞうきんで拭いてしまうと非常にまれですがのりが腐敗することもあり、ニオイが出ることもあります。
壁紙に穴などの問題がなければ拭き掃除もできますが、壁は高さがあるのですべてを拭きあげるのはなかなか難しく、毎日のお掃除で壁まできれいにするのは時間の余裕があっても現実的ではありません。
また、壁紙の多くは表面がでこぼこに加工されているため、単純に拭くだけでは凹んでいる部分の汚れが取れません。
壁は掃除をするべき場所ではありますが、毎日掃除をするには現実的ではありません。

 

 

毎日のお掃除が無理なら、ハウスクリーニングで定期的なメンテナンスを

 

壁は毎日掃除をするには難しいところです。
こういう日々のお掃除が難しい場所にこそ、ハウスクリーニングが役に立ちます。

 

 

ハウスクリーニングで壁のお手入れをは、拭いてきれいにするわけではなく壁そのものを漂白してしまいます。
少々時間がかかるのが痛いところですが、作業が終われば壁は本来の色を取り戻し、室内の証明を受けて美しい光を放つようになります。
もちろん高い場所もしっかりときれいになるので、手間も労力も必要ありません。やることは、ただ待つだけです。

 

 

気になる料金は?

1平米(1m×1m)の広さで300円前後ですが、汚れ具合によっては料金が加算されることがあります。
また、漂白を行うので壁に薬剤を塗ってから作業終了まで10時間以上かかる場合がありますが、業者は薬剤を塗ると一旦引き上げ、翌日に確認にきます。
薬剤は特殊なものなので、生活に問題が起きることはありません。

 

いつ行えばいい?

壁の汚れは気づきにくいので、薄めた中性洗剤を新しいぞうきんに含ませて拭いて見てください。
ぞうきんに強めの汚れがついたのなら、壁のハウスクリーニングを考えても良いでしょう。
年に1回から2回行うと壁の状態を維持しやすくなります。

≪簡単!約90秒で1万円以上安くなる方法≫

 

ハウスクリーニング一括見積もり ズバットハウスクリーニング比較の無料見積もりでハウスクリーニングが格安に!

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

全国100社以上の優良業者が参加います。
その中から一番安くて、質の良い業者を見つける事ができます。
また、自分の家の状況を一括見積もり時に入力するだけで自分に合った業者を見つけてくれます。

 

【ズバットハウスクリーニング比較が選ばれる理由】

 

  • 全国100社以上の優良業者が参加!
  • 簡単!約90秒の入力!
  • 11万人以上の利用実績があり!(2012年9月現在)
  • 約90秒の入力で一括見積もり完了!

 

≫厳選100社が参加!簡単一括見積もりはココをクリック≪

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

こんな部分のハウスクリーニングも人気があります

 

洗面台のハウスクリーニング お風呂のハウスクリーニング 窓のハウスクリーニング

台所のハウスクリーニング 換気扇のハウスクリーニング フローリングのハウスクリーニング

 

TOPページ ハウスクリーニングの質問集 お役立ち情報 お問い合わせ