ハウスクリーニングでトラブルになった場合について

ハウスクリーニング後にトラブルになった場合

ハウスクリーニングのあとに問題があったときは、まずどういう問題なのかをを確認します。
何が起きているのかを確かめることで、責任が誰にあるのか、問題の解決にはどうすればいいのかを考えることができます。

 

 

まずはどんな「問題」なのかを確認する

 

ハウスクリーニングという作業自体は慎重に行われますが、時として問題を起こすこともあり、キズや臭い、汚れが完全に落ちていない、変色、故障と言った問題がまれに発生することがあります。
発生した問題がどういうものなのかを確認することは、責任の所在とその後の対応策を決める大事な情報になるので、まずはその問題が「何か」をよく確認します。

 

 

キズや変色などの破損

ハウスクリーニングは作業に特殊な洗剤や機材を使うことも珍しくなく、作業中に壁や床を傷つけることもあります。
業者側は最新の注意を払い作業をするのでこのようなことはほとんど起きないのですが、必ず起きないとはいえません。
ハウスクリーニングが原因で付いたと思われるキズや変色があったら、決してその部分には触らないでください
キズや変色がある部分が分かるように画像を取り、業者に連絡します。
業者から担当者が対応してきたら、画像を見せてキズの度合いや変色の度合いを確認してもらい対応を求めます。

 

臭い

ハウスクリーニングでは専用の薬剤や洗剤を使うこともあります。
これらは化学製品、自然原料どちらも存在しますが、独特の臭いを持つものもあります。
通常は部屋の中のクリーニングで強い臭いがあるような薬剤を使うことはありませんが、敏感な人は臭いを感じることもあります。
ハウスクリーニング後に臭いがあり、何日か持続してしまうときはハウスクリーニング業者に連絡して、臭いがすることを伝え対応を求めます。
使用した薬剤や洗剤によっては臭いがしても仕方のないものもあるので、数日から数週間は様子を見るのも良いでしょう。

 

汚れが完全に落ちていない

ハウスクリーニングはほとんどの汚れを落としてしまいますが、中にはどうしても落とせない汚れや、予算内の作業では落とせない汚れもあるので仕方がないことも多くあります。
しかし、中には明らかに汚れを落としきれていない作業中の問題で発生する汚れの残しが起こることもあります。
例えばクリーニングをした部分がムラになっていたり、ホコリが残っていたり単純なミスによる問題がまれに起きることがあるので、このような場合はまず画像を撮影してから業者に連絡をして対応を求めます。

 

故障

洗濯機やエアコン、換気扇などの電気製品のクリーニングのあとに壊れてしまった、動かないという場合も業者に連絡して、動かないことを確認してもらってから対応を求めます。

 

 

どの問題でも基本は業者への連絡と、状態の保存、画像の撮影です。
少し面倒ですが、このような問題が起きた場合は手順を間違えると問題が長期化することもあるので、必ず連絡、保存、画像の3つは行うようにしてください。

ハウスクリーニングでトラブルになった場合の対処法

ハウスクリーニングはプロの専門スタッフが作業を行います。
これは専門型、家事代行型のどちらも同じで、作業内容の差はありますが彼らはプロの「掃除屋」として利用者に満足の行くサービスを提供してくれます。

 

しかし、非常にまれですが業者と利用者の間でトラブルが発生してしまうこともあります。
ハウスクリーニング業者に限ったことではありありませんが、業者とのトラブルをめぐるやりとりは手段を間違えると労力も時間もかかります。

 

 

ハウスクリーニング業者とのトラブルになってしまったら

 

業者とのトラブルは個人と法人の間に発生するので、個人と個人と同じ感覚で解決をしようとしても進展が難しいこともあります。
まずは、相手が業者(法人)であることを自覚して、業者を相手にトラブルの解決を目指すことを考えます。

 

  • 基本的には「交渉」がメイン

業者とのトラブルになってしまったら、基本になるのは業者との交渉です。
責任の所在とトラブルの原因となった事柄への保証の方法が交渉の内容になります。

 

  • 交渉はトラブルの解決を目指すのであって、責任を問い謝罪を要求する場ではない

トラブルの解決は業者との交渉が必須です。
あくまで「交渉」なので、責任を問い詰めて謝罪を求める場ではありません。
業者に明らかな過失があれば謝罪を求めるのも良いのですが、謝罪をさせることを重視すると一番大事な「どうやって解決するか」を置き去りにしてしまうこともあります。

 

あくまでトラブルの解決が目的であって、業者に謝罪させることが目的ではないことを忘れず、建設的な交渉を目指してください。

 

 

交渉が進まないときは第三者の手を借りよう

 

トラブルの内容によっては業者側が納得できるような対応をしてくれないこともあります。
こうなると、いくら個人で交渉をしても進展することが難しくなるので、第三者の手を借りる、相談するといった手段も考えないといけません。

 

相談をする場所は、以下のような場所が考えられます。

 

・消費生活センター
・法律の専門家(法テラスや無料法律相談など)

 

上記の2つは無料、もしくは条件付きで無料なので利用しやすいのですが、どれを利用するにも何が問題で、どうしたいのかといったまとめられている情報が必要です。
また、アドバイスは受けられますが業者との間に入ってくれるわけではないので、あくまで解決に向けた情報を提供してもらうだけですが、「相談をした」という事実を業者側に伝えるだけでも効果はあります。

 

 

どうしても進展しないときは

 

専門家による手助けを望む場合は、弁護士や司法書士といった法律の専門家の手を借りるしかありません。
最悪の場合は裁判も視野に入れることになるでしょう。
専門家に解決を依頼すれば、個人で解決を目指すよりも簡単に解決に向けて進展します。
しかし専門家に依頼する場合は費用がかかるので、例え解決できたとしても負担が大きくなるのであまりおすすめはできない方法です。

 

トラブルは一度起きると解決までに労力と手間がかかることも珍しくありません
解決を目指すのなら、解決までに時間をかけないようにすることも考えて行動してください。

≪簡単!約90秒で1万円以上安くなる方法≫

 

ハウスクリーニング一括見積もり ズバットハウスクリーニング比較の無料見積もりでハウスクリーニングが格安に!

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

全国100社以上の優良業者が参加います。
その中から一番安くて、質の良い業者を見つける事ができます。
また、自分の家の状況を一括見積もり時に入力するだけで自分に合った業者を見つけてくれます。

 

【ズバットハウスクリーニング比較が選ばれる理由】

 

  • 全国100社以上の優良業者が参加!
  • 簡単!約90秒の入力!
  • 11万人以上の利用実績があり!(2012年9月現在)
  • 約90秒の入力で一括見積もり完了!

 

≫厳選100社が参加!簡単一括見積もりはココをクリック≪

 

ズバットハウスクリーニング比較

 

こんな部分のハウスクリーニングも人気があります

 

洗面台のハウスクリーニング お風呂のハウスクリーニング 窓のハウスクリーニング

台所のハウスクリーニング 換気扇のハウスクリーニング フローリングのハウスクリーニング

 

ハウスクリーニングでトラブルになった場合には関連ページ

ハウスクリーニングをプレゼントしたい
最近では、ハウスクリーニングをプレゼントするという方も増えてきました。例えば、母の日に感謝の気持ちを込めてプレゼントをするといった感じです。やり方も簡単で、当ページにも記載してありますので、ぜひ参考にしてください。
ハウスクリーニング業者のランキングを知ろう
ハウスクリーニング業者のランキングについて掲載していきます。ランキングや口コミ、評判というのは参考になりますが、絶対ではありません。しかし、どんな業者なのかを見極める事はできますので、ぜひ参考にしてください。
ハウスクリーニングの営業トークについて
ハウスクリーニング業者の中には、営業という事で迷惑をかけるという所もあります。ごく稀ですが、万が一という事もありますので、業者選びには慎重になりましょう。業者選びの際には、一括見積もりで複数業者を比較検討しましょう。
中古物件のハウスクリーニング
中古物件のハウスクリーニングの代金は、一体どうなるのでしょうか?料金や流れについて記載していきたいと思います。また、ハウスクリーニング業者の料金を安くする方法についても記載していきます。
白木をハウスクリーニングする
白木を置いている家もあるでしょう。意外にも汚れているものなので、掃除をしたりとメンテナンスが必要になります。自分で行うとあまり綺麗に汚れを落とす事はできないのですが、ハウスクリーニング業者に依頼すると綺麗になりますよ。
自分でできるハウスクリーニング
自分でできるハウスクリーニングについて記載してきます。100円均一などで道具を揃えて自分でも本格的にハウスクリーニングができます。しかし、どうしてもプロのような効果は発揮できません。時間と労力もかかるので、業者に依頼するのも一つの手段です。
ハウスクリーニングでアレルギー対策
ハウスクリーニングをする事で、アレルギー対策をする事ができます。ダニやカビなどのアレルギーに関して、ハウスクリーニングで綺麗にする事で、対策をする事ができます。また、部屋の中も綺麗になり、住みやすい環境になります。
ハウスクリーニングで遺品整理をする
ハウスクリーニングの1つには、故人の遺品を必要なものと不要なものに分ける遺品整理というものもあります。遺品整理は家事代行型の時間制ハウスクリーニングに近く、故人が残した遺品のなかで保存しておくべきもの、処分しても良い物を専門的な知識によって振り分け、片付けてくれます。
ハウスクリーニングの見積もりは必ず複数の業者から取ろう
ハウスクリーニング業者に掃除を依頼する際には、必ず複数業者に見積もり依頼をするようにしましょう。そうすることで、より安く質の高い業者にハウスクリーニングを依頼することができます。
特殊清掃 | ハウスクリーニング
特殊清掃は、ハウスクリーニングの一種で、事件現場清掃ともいわれます。特殊清掃を専門に行う業者の他に、一部のハウスクリーニング専門業者でも取り扱っていることもあります。もちろん、料金なども異なります。
ハウスクリーニングの一括見積もり
ハウスクリーニングを行う際には、一括見積もりを利用すると便利です。料金の相場を知る事ができるので、ハウスクリーニングを行う前には必ず行っておきたい事のひとつです。
ハウスクリーニング | 家事代行タイプ
ハウスクリーニング業者の中には家事代行タイプがあります。普段の家での掃除の代行を依頼することができます。メリットもあれば、デメリットもありますので、十分に把握した上で依頼するようにしましょう。
ハウスクリーニング | 専門型タイプ
ハウスクリーニング業者の中には専門型タイプがあります。建物の内外を掃除することを専門に扱う掃除のプロで、家庭では難しいかったり、手間がかかる所の掃除をしてくれます。家全体はもちろん、場所を指定して掃除をしてもらうこともできるので、都合に合わせたハウスクリーニングが可能です。
窓フィルムで日差し防止が出来る
ハウスクリーニング業者に依頼することができる、窓フィルム加工で日差し防止をする事ができます。また、汚れ防止にもつながりますので、掃除回数を減らす事もできます。ぜひ利用してみると良いでしょう。
ハウスクリーニングの見積書のチェックポイント
ハウスクリーニングを行う際には、必ず見積りをしてもらいます。見積もりをしてもらうと見積書を発行してもらえるのですが、しっかりと確認しなければトラブルになる可能性があります。チェックポイントについて記載していきます。
ハウスクリーニングで清掃箇所を選べる
ハウスクリーニング業者の中には、清掃箇所を選べる業者というのが存在します。料金も割安になる可能性がありますので、興味のある方は業者に方に見積もり依頼をしてみると良いでしょう。
ハウスクリーニングでガラス修理
ハウスクリーニングではガラスの傷を修理することができます。研磨をして直すという事もあって、ガラスの交換をするよりもかなり安く抑える事ができます。気になる方は見積もり依頼をしてみると良いでしょう。
時間制のハウスクリーニング
ハウスクリーニングでは時間制で行ってくれる業者が存在します。料金もそこまで高くはありませんので、人手が足りない時に便利なサービスです。特に、大掃除の時などに依頼するとかなり助かります。
ハウスクリーニング業者のコース・プランについて
ハウスクリーニングでは様々なコースやプランがあります。業者によって様々な自分に合ったコース・プランを選ぶ事で効率の良いハウスクリーニングをする事ができます。まずは、どんなコースやプランがあるのかを把握しておきましょう。
ハウスクリーニングの効果
ハウスクリーニングでの効果を知りたいという方も多くいると思います。お金を払って効果がなかったら依頼する意味がありません。その効果を知るための有効な方法を紹介しているページです。
ハウスクリーニングの価格の注意点
ハウスクリーニングの広告で表示されている価格と実際に見積もりをした価格と異なる場合があります。広告で表示されているものに関しては、あくまでも目安なので注意する必要があります。
マンション売却時のハウスクリーニングについて
マンションを売却する際のハウスクリーニングについて記載しています。ハウスクリーニングを行った方が良いのか?注意点はあるのか?そんな疑問について解説していきます。

TOPページ ハウスクリーニングの質問集 お役立ち情報 お問い合わせ